クリルオイルってなに?③

クリルオイルの特徴として
油なのに水に馴染むということを前回説明させていただきましたが
何故体内への吸収が速いことにつながるかを もう少し詳しく説明しますと・・・・

魚に含まれるDHAやEPAは『トリグリセリド結合型オメガ3』という構造をしています。
トリグリセリドとは、中性脂肪のことです。
【トリグリセリド結合型オメガ3の構造】

C-脂肪酸(FA1)

C-DHA(またはEPA)

C-脂肪酸(FA2)   ※Cは炭素、FAは脂肪酸を指します。

一方、クリルオイルは『リン脂質結合型オメガ3』という構造をしていて、
クリルオイルのリン脂質は、ホスファチジルコリンが主体となっています。
【リン脂質結合型オメガ3】

C-脂肪酸(FA1)

C-DHA(またはEPA)

C-リン酸基(P)-コリン(C)

『トリグリセリド結合型オメガ3』を摂取した場合、
消化管の中で胆汁酸やリパーゼ(脂肪分解酵素)の働きによって
トリグリセリドとDHA・EPAがそれぞれいったん分解されてから吸収されますので
すぐに体内に吸収しません。

これに対して『リン脂質結合型オメガ3』は
リン脂質自体が乳化剤となり、分解なしに吸収を促すため
DHA・EPAを素早く、効率よく、体内に吸収させます
さらに、クリルオイルは厚生労働省から難病の1つに指定されている潰瘍性大腸炎に
動物実験で炎症を軽減させる結果を証明しました。
慢性的な炎症は、心臓血管の損傷、関節痛、癌、肥満、アレルギーなど、
他の病気にも関係しています。
クリルオイルの潰瘍性大腸炎に対してのタンパク質の酸化抑制効果と
炎症症状の抑制効果は、今後さらにたくさんの健康効果が明らかにされてくると思います。
クリルオイルは、まさにスーパーオメガ3と呼ばれるにふさわしい栄養なのです!

毎日のお食事で魚などを摂取していても、なかなか補えない方は
クリルオイル』の力が皆様のこれからの健康を守ってくれるのではないでしょうか。
栄養はバランスが大事です。
是非毎日のお食事のバランスを見ながら、自分に合ったサプリメントを選んでください。