ミスターサプリ!®

サプリメント業界のミスターを目指す!

2017年09月14日 Off

「勝ち過ぎた監督」という本。

By in 懐かしい, , 高校野球

今朝も寒さを感じて起きました。

日中はまだ暑いですが、秋を感じますね。

家の中にコオロギがいました。

外に逃がしましたが、最初はゴキブリかと驚きました。

秋の話に戻しますが、秋は読書の秋でもあります。

「勝ち過ぎた監督」という本を読みました。

駒大苫小牧の香田監督のことを中村計さんが書かれた本です。

とてもリアルで、面白い本でした。

ステージは高校野球ですが、サラリーマンの方にも同じようなことがあると思いますので、ぜひ読まれると面白いと思います。

サラリーマンは、常に成績を追いかけさせられています。

営業成績はもちろんのこと、研究成果、学生の進学率などもそうかもしれません。

サラリーマンは色々なところで競わされています。

香田監督が経験した、甲子園での成績は、監督というサラリーマンとしては、最高の成績であったでしょう。

ただ、勝ち続けることの怖さを知って、それに打ち勝てなかったのかなとも思いました。

勝ち続けることは、本当にしんどいし、怖いですよね。

負けることがあっても、また勝てばいいと思えれば楽なんですが。

実際にはそうはなかなか行きませんね。

勝ち続ける怖さ、今度は一度負けたら二度と勝てないのではないか、こう考える人は一流選手でも多いようですよ。

毎試合ヒットを打って、ホームランも打って、チームの中心選手も、明日から打てないかもしれないと不安に感じています。

不安、落ち込みからの脱出は強い脳を持つことです。

強い脳を持つには、ミスターサプリはPS(ホスファチジルセリン)をお勧めします。

スポーツ選手だけではなく、ストレスの多いサラリーマンやお医者さん、弁護士、学校の先生にもお勧めです。

ぜひ一度お試しいただきたいですね。

もし質問等があるときは、いつでも下記にお問い合わせください。

http://www.abovo-inc.com/jp/

さて、話を本に戻します。

この本を読んで、香田監督の練習方法や監督としての考え方は本当に「へ~!」と驚きました。

甲子園で優勝する監督は、やはり違うんだなと思いましたね。

私の知る限りですが、PL学園の中村監督、池田高校の蔦監督、そして駒大苫小牧の香田監督が、高校野球の常識を変えた監督だと思います。

香田監督には高校野球に帰ってきてほしいと思います。

私もサプリ業界の常識を変えてやろうと思っています。

サプリメントには医薬品にない安全性と効果があることを!

ミスターサプリも頑張りますね。

 

 

 

 

 

Comments are closed.