サプリ界のミスターになる!!ミスターサプリ物語!!第2話
皆さんこんにちは。「そもそも通信」をお手にとって頂きありがとう
ございます。2016年はお世話になりありがとうございました。そし
て、2017年もどうぞよろしくお願い致します。皆さんの今日、明日、
その先の日々が健康で、輝いて、楽しいものであることを祈ってい
ます。そして、そのためのお手伝いを、これからも続けていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日テレビを見ていて、サプリメントのコマーシャルが、あまりに多い
ことに改めて驚きました。ミスターサプリとして、全ての会社のサプリ
が良いものだと断言することは、決してできませんが、20年前と比べ
ると、サプリメントが私たちの生活に非常に馴染み、その認知度が
爆発的に高くなったことについては、ハッキリと断言できます。それだ
け、元気に自分の人生を楽しみたい人が増えているのでしょうね。この20年、サプリメント市場は本当に
大きな成長を遂げました。20年前は、ほとんどの人が見向きもしなかった商材です。では、なぜ私が、そ
れ程サプリメントの認知度が低かった時代にサプリメント会社を立ち上げたか。そのきっかけをお話し
したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は、アヴ・オヴォを立ち上げるまでは、銀行で毎日、汗水流して働く営業マンでした。銀行によって、
その銀行の持つ色が違います。私の勤めていた銀行は、町の中小企業に融資をしたり、地域の方と
のコミュニケーションを大事にする銀行です。私は銀行マンとして働いていたことに誇りを持っています。
そこでの経験が、私の信念「お客様を大事にする」ことを強く作り上げていると思います。また、色々な
ご縁をいただいて、経済界を引っ張る素晴らしい方々とお仕事を一緒にさせていただきました。彼ら
から学んだことはたくさんあり、今も私の大事な先輩であり友人です。皆が、「大阪を、日本を盛り上げ
るぞ」という強い思いを共通点に、たくさんのイベントも一緒に興しました。私の銀行マン時代は、とに
かく「人との出会い」につきます。そんなある日、取引先でもあり、親交もあったある先生から「高齢者に
対する健康支援の現状」そして、「今後の日本の医療費について」を聞かされました。その先生は、薬は
急を要する際は必要だが、日常的に必要なものではないという考えの方でした。薬は一つの病を抑える
一方で、また次の病を生み出す。先生はこの負のサイクルを止めると仰いました。そして、私にその手伝い
をする気はないか?と尋ねました。これが、ただの銀行マンがミスターサプリになるきっかけになった
出来事です。銀行マンとして、企業がその企業らしさを発揮して日本を豊かにする手助けをすることも、
本当に素敵で夢のある仕事だと思います。しかし、それと同時に、人々に健康な生活を送れるように
サポートすることや、医療費を抑えて、健康長寿な日本にするお手伝いをすることも、夢のある仕事なの
では?と考えました。自分に務まるかどうかは後の話です。まずは、このオファーを受けるのなら、全力で
取り組むべきだと思いました。前回に記載しましたが、私の人生は、学生時代は野球一筋で、そして銀行
マンとしての経験しかありません。健康支援を手伝うといっても、当時の私には全く見当のつかない話。
私は、今まで健康に対して全く意識したことのなかった人間です。とにかく、必死に勉強しました。この成分は
何だろう?このデータは本当なのか?なぜ、こんな症状の人たちが多いのだろう?何をすることが一番人々に
喜ばれるのだろう?とにかく疑問だらけ!!そして、いろんな先生方に質問して回りました。ある先生からは、
しつこすぎると怒られ、ある先生からは、君にはお手上げだ!と根を上げられました。本当に、「健康」という
言葉の大きさに押し潰されそうな毎日でした。「健康診断」であなたは「健康」です。と言われても、どこかが
痛かったり、元気が出ない人だっているのです。「健康」というのは、いったい何なんだろう。普段何気なく、簡
単に使っている言葉が、こんなに難しく、重いものだということに初めて気づいたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなある日、海外で医療機関で使用されている良い製品があるという話を耳にしました。もちろん、すぐに
現地に向かいました。そして、その商品を日本用に輸入し、私がこの仕事を一生の仕事としてやっていける
かを確かめることにしました。その方法として、臨床試験をすることにしました。臨床試験は、大阪の中央区
にある曲直部クリニックの院長、曲直部裕一先生が行ってくれました。先生は、「グルコサミンのサプリメント
で期待しているような効果が出るかどうかはわかりませんが、一度やってみましょう」と快く受けてくれました。
そして、私は期待と不安を抱きながら3か月待ちました。ついに臨床試験終了の3か月目。曲直部先生から
連絡が入り、「とんでもないことが起きた!!すぐにクリニックに来てくれ」と深刻な声で連絡がありました。
えらいこっちゃ!とんでもないことって何だろう?!先生にも患者様にも迷惑をかけてしまったのでは?!と大急
ぎでクリニックに向かいました。そして、直接通された院長室には、力にみなぎり興奮した曲直部先生の顔が
ありました。そして、先生は私に一言こういいました。
「山口さん、これを一生の仕事にしなさい。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この時、臨床試験に使用した製品は、今のアルトバックEXプレミアムの第一号モデルのグルコサミン製品
でした。私は、先生からこの臨床試験を受けたことで喜んでくれた患者様たちの話を聞きながら、受け取っ
た結果報告書を握りしめ、この仕事を一生の仕事にする!と強く心に決めたのでした。
次回!!!ミスターサプリ、オリジナルの意味を知る。初めてヨーロッパへ。世界は広いと感じました。